コラム

新型デュラエース"R9200系?"の最新情報は?リークされた情報まとめ

自転車ファンが今そわそわしているトピックの1つに「SHIMANOがいつ新型デュラエースをリリースするのか」というのがありますよね。

SHIMANO100周年のタイミングで発表をするのかと思ったら肩透かしをくらったものの、ここにきてさまざまな情報がリークされることで新型発表の現実味が帯びてきました。

噂では「12速化」に対応するという話もあるので期待が高まりますね!

そこで今回は注目を集めるSHIMANOの新型デュラエースの最新情報について、リークされた情報をピックアップしていきます。

新型デュラエースらしきコンポがレースで確認される

2021年6月13日に開催された「バロワーズ・ベルギーツアー」というレースにて、SHIMANOがサポートをしている「チームDSM」に所属する選手に対して、新型デュラエースらしきコンポーネントが確認されたそうです。

コンポの各部にはシリーズ名などが記載されておらず、ロゴなどもシールで隠されていたと言われているため「新製品のプロトタイプでは?」という声も上がっています。

報道された写真などを確認すると「リア12段」「ワイド化によるロングケージディレイラー」「チェーンリングは中空ではない」「変速はワイヤレス式」など、これまでのデュラエース9000、R9100とはまた異なる特徴を有しているようです。

特に、リア12速化については「ついにSHIMANOもやったか」と思われた方も多いのではないでしょうか。

3大コンポメーカーの中では最も遅い12速化ではありますが、ついにSHIMANOが12速を取り入れるということは、製品として十分なクオリティを出すに足る性能があると言えるかもしれません。

また、報道されたコンポは電動式でしたが、変速システムがワイヤレスになっていたのも驚きですね。

ワイヤレスはスラムの「e-Tap」でお馴染みでしたが、こちらに関してもSHIMANOがトレンドを取り入れるという大胆な変化が見て取れます。

海外の掲示板での情報は?

イメージ

海外の掲示板サイト「Weightweenies」では、不確かながら新型デュラエースに関する情報が話題になっていたようです。

信憑性などは怪しいものの以下のような情報がリークされているみたいです。

  • ・リアディレイラーのシフトが56%高速化する
  • ・フロントディレイラーのシフトが42%高速化する
  • ・シフターはワイヤレス
  • ・バッテリー駆動時間は1.5?2倍に長くなる
  • ・現行よりも160gの軽量化
  • ・リリース直後は完成車のみに搭載、パーツ販売は供給の問題上困難
  • ・新型デュラエース搭載の完成車は9~10月に出荷開始

スペック面の情報もチラホラありましたが気になるのは発売開始時期ですよね。

世界的な供給上の問題からパーツ販売が難しくなるのは想像できます。最初は完成車のみで2021年9月頃からということならSHIMANOのサイトだけでなく、ロードバイクブランドの情報もチェックしなければなりませんね。

新型デュラエースに対する口コミをチェック

新型デュラエースを心待ちにしているサイクリストの方は数多くいるでしょう。ここでは、リークされた情報などに対する口コミを紹介していきます。

限られた情報ではありますが、楽しみにしている自転車乗りはどのような反応を示しているのかチェックしてみましょう。

やはり新型デュラエースのリリースを心待ちにしているサイクリストは多くいるようです。

中には、今年のツール・ド・フランスや東京オリンピックで新型デュラエースが使われていなか探してみた人もいたようです。

新型デュラエースが発表された即座に買う!と意気込んでいる人は、今のうちにお金を貯めているみたいですね。

まとめ

イメージ

SHIMANOの新型デュラエースに関する最新情報について紹介していきました。

現時点では2021年9月?10月ごろから新型デュラエース搭載の完成車がリリースされるというのが有力視されているため、この時期に新モデルを発表するバイクブランドをチェックする必要があるかもしれません。

サイクリストなら誰もが期待する新型デュラエースはどのような形になるのかワクワクしながら発表を待ちましょう!

コラム一覧