コラム

サイクリングで携帯したいカメラとは?カメラの種類ごとに特徴を解説!

山道を登った先にある絶景や開放的で気持ちの良い海沿いの景色など、サイクリング中にはさまざまな心惹かれる景色に出会うものですよね。

そんな綺麗な景色を目の当たりにすると、写真を撮って形に残したいと思うのではないでしょうか。

しかし、サイクリングではできるだけ荷物を減らして身軽な装備で移動する必要もあるため、どんな種類のカメラが適しているのか分からないという人もいるかもしれません。

そこで今回はサイクリングで携帯したいカメラについて解説していきます。各種類のカメラの特徴から自分に合うものを見つけてみましょう!

サイクリングで出会う風景をカメラで残そう

イメージ

ロードバイクやクロスバイクでサイクリングを楽しむ方であれば、一度は行った先で写真を撮った経験があるのではないでしょうか。

目的地に到着した達成感を自転車と共に写真に残したり、偶然出会った魅力的な景色を撮ったりなど、思わず写真を撮りたくなる瞬間がたくさんあるはずです。

歩きよりも移動範囲が格段に広く、車やバイクよりもスローペースな分、さまざまな景色と出会いながら、足を止めて写真を楽しむことができます。

体全体で自然を感じながら景色を捉えて、心に止まった場所を見つけたら積極的にシャッターを押してみてください。

サイクリングに携帯するカメラはどれがおすすめ?

サイクリング中に写真撮影を楽しむためには、当然ながら「カメラ」が必要となります。

しかし、そこで問題になるのは「どのカメラを持っていくのがいいのか」という点です。

最近では、スマホのカメラでも十分な撮影が可能ですが、画質や色合いなどクオリティにも気を配る場合には、本格的なカメラが必要になるでしょう。

また、サイクリングに携帯する以上、揺れたりぶつけたりしても壊れないだけの耐久性も必要です。

そこで、ここではカメラの種類ごとにサイクリングで利用する上でのメリット・デメリットなどを解説していきます。

スマホ

スマホは最も身軽で誰もが携帯しているカメラと言えるでしょう。

最近では、カメラ機能に優れた機種も多くありますし、気軽に撮影してもいい具合のクオリティを実現することができます。

もちろん一眼レフやミラーレス一眼などと比較すると、スペック的に劣る部分もありますが「サッと取り出してパッと撮る」といった使いやすさに利点があるでしょう。

行った先で食べたものを記録に残したり、目的地で自撮りを楽しんだりといった用途で気軽に使う分には十分だと思いますし、スマホカメラを入り口にするというのもおすすめです。

デジタルカメラ(コンデジ)

サイクリングで携帯する上でのコンパクト性とカメラとしての性能のバランスが最も良いといえるのが「デジタルカメラ(コンデジ)」です。

ジャージの背中ポケットに収まるほどのコンパクトさがありますし、取り出しや撮影も身軽に行えて、スマホにはないような撮影機能も使えます。

「写真は撮りたいけど荷物が嵩張るのはちょっと...」という場合には、デジカメで写真を楽しむのがおすすめですね。

一眼レフ

本格的な写真を撮りたい方におすすめなのが「一眼レフ」です。

細かい設定や画角などを工夫しながら、何気ない景色を1枚の作品に仕上げるような写真撮影を楽しめるだけのスペックの高さが魅力となっています。

もちろん携帯性はやや下がりますが、中には比較的軽量なモデルもあるので、そういったものがサイクリングにはおすすめです。

普段の生活で写真を楽しむ際にも便利なので、写真をガッツリ趣味として楽しみたい方は選んでみてください。

ミラーレス一眼

本格的な写真が撮影できるスペック性とサイクリングでの携帯に便利なコンパクト性を両立したのがミラーレス一眼です。

一眼レフよりもコンパクトになっており、性能的にも日々進化しているので、気軽に持ち運びながら美しい写真がバンバン取れるでしょう。

アクションカメラ

こちらは動画撮影用の機材となっていますが、走っている最中の景色を丸ごと記録に残したい人におすすめです。

ハンドルやヘルメットなどに取り付けて撮影すれば、乗り手と同じ視点の映像が撮影できますし、走った後に振り返ってみたり、Youtubeにアップロードしたりなど楽しみ方は盛りだくさんです。

まとめ

イメージ

サイクリング中の写真撮影に使用するカメラの種類について解説しました。

「撮りたい写真のクオリティ」や「荷物としての携帯性」を考慮しながら、自分のスタイルに合うカメラを選んで、写真撮影を楽しんでみてください!

サイクリング中に出会ったさまざまな景色を写真に残して、振り返って楽しんだり、SNSで共有して盛り上がったりなどすれば、自転車の楽しみの幅をより広げることができるでしょう。

日々のサイクリングのお共にカメラを携帯して「自転車×写真」にチャレンジてみてください!

コラム一覧