コラム

冬から春!ロードバイクのシーズンインに向けて注意すべきポイントを解説!

寒かった冬ももうすぐ終わり、いよいよ春を迎えて暖かくなってくる季節となります。

気温が低くてロードバイクに乗るのが億劫になっていた人も、本格的なシーズンインに向けて気持ちも高まっているのではないでしょうか。

しかし、冬の間あまりロードバイクに乗っていなかった人の場合、シーズンインに向けてさまざまな準備をしなければなりません。

身体面はもちろんですが、乗っていない間でもロードバイクの状態が変化している可能性があります。

そこで今回はロードバイクのシーズンインに向けて注意すべきポイントを解説していきます。

シーズンインに向けた準備【ロードバイク】

イメージ

寒い冬の間はロードバイクに全く乗らないという人も多いはずです。

特に、積雪量の多い地域だと走りたくても走れない状態になってしまいます。

ローラー台などで室内トレーニングを行なっている人であれば、定期的にロードバイクを動かしているので、そこまで心配は必要ありません。

しかし、冬の間ロードバイクが部屋のディスプレイ化していたという人は、シーズンインに向けてメンテナンスをしっかりと行う必要があるでしょう。

では、どのような点をチェックすればいいのか詳しく解説していきます。

タイヤの空気圧をチェック

サイクリングに出かける前に必ずタイヤに空気を入れている人であれば問題ありませんが、ついつい忘れてしまうという人は要注意です。

ロードバイクタイヤの空気圧は乗っていない間もジワジワと下がっていくので、長期間乗らないでいると、空気圧が不足しパンクの原因になってしまいます。

また、空気圧が不足した状態で置いているとタイヤにひび割れが生じてパンクを招きやすくなります。

空気圧だけでなく、タイヤの状態も確認して、必要に応じて交換するといった対応をしてください。

埃を取り除く

室内でロードバイクを保管しておけば、サビなどを防ぐことができますが、室内保管でも長い間置いていると埃をかぶってしまいます。

カバーなどを車体にかけるなどして対処することもできますが、ロードバイク全体に埃が溜まっている場合は、それを取り除いてから走るようにしましょう。

フレームなどに溜まった埃はウエスなどでサッと拭き取るだけでいいのですが、コンポ周りに関してはしっかりとチェックした方がいいでしょう。

埃が付着したまま走ると、さらなる汚れの原因にもなりますし、チェーンやブレーキなどの性能を落としてしまう可能性も考えられます。

車体全体を見渡して溜まった埃を取り除いておきましょう。

ボルトやネジの緩みをチェック

ロードバイクを長期間放置していると、各パーツを固定しているボルトやネジが自然に緩んでくることがあります。

そのため、久しぶりに乗る際は全体の緩みチェックを行なっておきましょう。

ハンドルやステム、サドルはもちろん、ディレイラー、ブレーキ、ボトルケージなど、緩みが起きていないかをしっかりチェックしてください。

もし可能であればトルクレンチを使って適正トルクで締め付けられているかを確認してみましょう。

また、シートポストなど長期間放置しているとフレームと固着して抜けなくなることがあるので、一度抜いて確認を行い、適宜グリスを塗るといった対応をしてください。

ロードバイクの安全に関わる部分なので、忘れずにしっかりとチェックしてみてください。

各パーツの消耗具合をチェック

久しぶりにロードバイクに乗るということで、各パーツが交換時期に来ていないかも確認してみてください。

基準がわからない場合は、乗る前に自転車ショップに持ち込んで全体の点検をしてもらうのが無難です。

ブレーキ系やチェーン周り、タイヤ、ワイヤーなど必要に応じてパーツ交換を行い、良い状態で走り出せるようにしてください。

注油

シーズンインを気持ちよく迎えるために走行前の注油を忘れずに行なっておきましょう。

チェーンを始め、ブレーキやシフトレバー、ディレイラーの可動部分にもオイルを挿して動きを良くしておきましょう。

注油を行なってからクランクを回して、チェーンの潤滑や変速に問題ないかもチェックしてください。

シーズンインに向けた準備【身体】

冬の間、ロードバイクに全然乗らなかったという人は、シーズンインに向けて身体を慣らしていかなければなりません。

室内トレーニングや筋トレなどで体力を維持することは可能ですが、100km以上のロングライドなどをいきなりやると身体が絶対についていきません。

心肺機能も筋力もロードバイク仕様に慣らしていく必要があるでしょう。

最初は30~50km程度で身体を慣らす

シーズンイン一発目のサイクリングということで、張り切ってしまうかもしれませんが、最初は身体を慣らすことを目的に比較的短距離のライドをしてください。

久々に走ると筋肉や心肺機能に違和感が生じるはずです。

慎重にスタートしながら感覚を取り戻していき、ロードバイクの状態なども確認しながら、ゆったりとしたペースで走りましょう。

ローラー台と実走はかなり違う

冬の間、ローラー台で積極的にトレーニングを重ねてきた人もいるでしょう。

筋力や心肺機能をできるだけ維持することで、シーズンインもパフォーマンスを落とさずに迎えることができます。

しかし、安定した状態で行うローラー台と、公道を走行する実走では感覚が全く異なります。

筋力・心肺機能だけでなく、バランス感覚や路面からの衝撃、周囲の状況も考えなければなりません。

コーナーリングや周囲の自動車のバランスの取り方など、ローラー台では再現できないので、トレーニングを続けていた方でも、最初のライドは慎重にいきましょう。

シーズンインに向けた準備【装備】

イメージ

久しぶりにロードバイクに乗る上で忘れがちなポイントも見ていきましょう。

主なチェックポイントは以下の通りです。

  • ・ライト、サイコンのバッテリー
  • ・ヘルメットの使用期限:3年が目安
  • ・自転車保険の契約:更新されているかの確認
  • ・緊急連絡先カードの携帯

細かいポイントではありますが、重要なものばかりなので忘れずに確認しておきましょう。

まとめ

春になって気温が上がってくると、やっと快適にロードバイクで走れる季節が来たと、ワクワクしますよね。

しかし、久しぶりにロードバイクに乗るという方は、今回ご紹介した注意点を必ずチェックしておきましょう。

ロードバイクのメンテナンスや体力の落ち具合、各種装備のチェックなどを行なった上で、安全かつ快適にサイクリングを楽しんでください。

コラム一覧