コラム

ディスクブレーキのメンテナンスを解説!パーツ交換や日常メンテの方法は?

各ロードバイクメーカーでディスクブレーキ仕様のモデルが多数ラインナップされるようになりました。

主流になりつつあるブレーキシステムではありますが、メンテナンスについて自分でやるのが難しいというイメージを持たれている方も多いでしょう。

日常的に行うメンテナンスやパーツの交換時期など、新たに覚えることが増えて大変になっているかもしれません。

そこで今回はディスクブレーキのメンテナンスについて詳しく解説していきます。

ディスクブレーキの種類とパーツについて

イメージ

ディスクブレーキには、主に以下の2種類があります。

  • ・機械式ディスクブレーキ
  • ・油圧式ディスクブレーキ

「機械式」は、ワイヤーを通じてキャリパーを動かすタイプで、比較的価格の安いモデルに多いものの、ブレーキの引きが少し重たいのが特徴です。

「油圧式」は、ホースの中にオイルが充填されており、レバーを握ることでピストンを押し出し、キャリパーがローターを挟み込むことで制動を行います。

機械式に比べてブレーキの引きが軽いのが特徴です。

次に、パーツについてみていきましょう。

ディスクブレーキは主に以下のようなパーツで構成されています。

  • ・ディスクローター
  • ・キャリパー+ブレーキパット
  • ・ワイヤーorオイル

ディスクローターは、ハブに取り付けられた円盤のことです。

フロントフォークに取り付けられたキャリパー内にブレーキパッドが内蔵されており、ブレーキを引くことで、パッドがローターを挟み込むことで、制動を行います。

ブレーキレバーを握った力をキャリパーに伝えるのが、ワイヤー(機械式)もしくはオイル(油圧式)となります。

パーツ同士をじっくり観察しながら、どのような構造になっているか確かめてみましょう。

ディスクブレーキのパーツ交換は何を基準に行う?

ディスクブレーキのパーツはいつ交換すればいいのかについて解説します。

リムブレーキであれば、ブレーキシューが擦り減ったタイミングで交換しますが、ディスクブレーキについては何を基準に判断すればいいのでしょうか。

パーツの消耗具合は、制動力にも直結するので的確に見極めていきましょう。

ディスクローターの交換時期

ディスクローターは使用を繰り返していくごとに、摩耗によって薄くなっていきます。

一般的にローターの厚みが1.5mmになったタイミングでの交換が推奨されており、その他、内部のアルミ層が露出したタイミングで交換を行ってください。

センターロック式のモデルであれば、スプロケット外しを使うことで簡単に取り外し/取り付けが可能です。

ブレーキパッドの交換時期

ローターと同様にブレーキパッドも、摩擦によって消耗していきます。

こちらも厚みで交換を見極めるようになっており、厚さ0.5mmになったら交換しましょう。

パッドの取り外しは、マイナスドライバーを使って行います。パッドを固定しているピンの脱落防止ストッパーを外してから、固定ピンをドライバーで緩めると取り外しが可能です。(油圧式の場合)

オイルの交換時期

油圧式ディスクの場合、ホースに充填されたオイルを定期的に交換する必要があります。

目安としては1年ごとの交換が推奨されています。

ただし、オイル交換は作業難易度が高いため、自分で行うのではなく、ショップに依頼するようにしてください。

ディスクブレーキのメンテナンスについて

イメージ

ディスクブレーキは、リムブレーキよりも構造が複雑になっているため、取扱いが難しくなっています。

「自分でやること」「プロに任せること」を明確に棲み分けて運用していくのがおすすめです。

ここでは、ディスクブレーキのメンテナンスについて解説します。

ローターの洗浄

ディスクローターやパッドに油がついてしまうと制動力が落ちてしまうので、できるだけ油が残らないように管理するのが重要です。

チェーンへ注油中に油がローターに飛ぶこともありますし、手で直接ローターを触ることで皮脂が付着してしまうこともあります。

なので、中性洗剤を使ってディスクローターを洗浄しておきましょう。水拭きなどでもいいですが、洗浄後はしっかりと水気をとるのが重要です。

音鳴りの解消方法は?

ディスクブレーキを使っていると、ブレーキをかけていないのにローターとパッドが擦れる音が鳴ることがあります。

いくつかの原因が考えられますが、その1つには「ローターの歪み」が挙げられます。

ローターの歪みは修正工具によって取り除くことが可能ですが、基本的にはショップに任せた方がいいでしょう。

また、輪行でホイールの脱着を繰り返すなどによって、キャリパーとローターの位置がズレている可能性も考えられます。

これについてもショップに任せて、センター出しを行ってもらいましょう。

まとめ

ディスクブレーキについては、リムブレーキと比較しても取扱いが難しくなるため、自分でできるのは「ローターの洗浄」「ローター交換」「パッド交換」ぐらいになるでしょう。

それ以上の作業については、ショップに持って行ってプロに依頼するのが無難です。

コラム一覧