コラム

体力に自信がなくてもe-bikeなら気軽にサイクリングを楽しめます!

ロードバイクやクロスバイクといったスポーツバイクに乗って気持ちよくサイクリングを楽しみたいと思っても「自転車で何十キロも走る自信がない...」と尻込みしている人は多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが「e-bike」です。

電動アシスト付きのスポーツバイクが人気を博しており、体力に自信のない方でも気軽にサイクリングを始められます。

今回は最近話題のe-bikeについて紹介していきます。

e-bikeとは

イメージ

e-bikeが具体的にどういった定義の商品なのかは定かではありませんが、一般的には「電動アシスト付きのスポーツバイク」として販売されています。

従来はママチャリに電動アシストがついた自転車が多く、普段の買い物や子供の送り迎えなどに活用されていましたが、e-bileはより長距離を走ることを想定して設計されています。

スポーツバイクの軽快さや走行性能を備えながら、電動アシスト機能を搭載することでより気軽にサイクリングが楽しめる仕様になっています。

日本では規制の関係もありヨーロッパほどe-bikeのラインナップは多くありませんが、今後さまざまなメーカーがe-bike市場に参入することが予想されます。

e-bikeのメリット

通常のクロスバイクやロードバイクと比較してe-bikeにはどのようなメリットがあるのでしょうか。スポーツバイクに電動アシストが付くことによってどのようなシーンで役に立つのか見ていきましょう。

坂道も楽に走れる

電動アシストが付くことによってサイクリング初心者でも気軽に長距離を走れるようになる上に、坂道も楽々と走れてしまいます。
サイクリングでは常に平坦な道を走るというわけではありません、特に登り坂を延々と走るようなときもあります。

体力に自信のない方だとこの坂道でギブアップしてしまうことも多いのではないでしょうか。

e-bikeであれば坂道も電動アシストでスムーズに走れてしまいます。
どんな道でも体力を温存して走れるので、誰でも気軽にロングライドが楽しめてしまいます。

通勤や通学にもおすすめ

満員電車を避けたり、運動不足を解消したりする目的で、自転車による通勤や通学を考えている方も多いのではないでしょうか。
ママチャリだと疲れてしまいますし、電動アシスト付きのママチャリも長距離を走るようには設計されていません。

ロードバイクやクロスバイクだと体力を使って疲れてしまうのがネックになります。

e-bikeであれば通勤や通学でもスポーティな走りができるのでおすすめです。電動アシストがついているので体力的に厳しい方でも楽に移動ができます。

日本でラインナップされているe-bikeメーカーを紹介

イメージ

ヨーロッパと比較すると規制の関係もあり日本でのe-bikeのラインナップはまだまだ少ないですが、ここでは人気のe-bikeメーカーを紹介していきます。

ヤマハ

国内メーカーが販売しているe-bikeです。クロスタイプとロードタイプの両方のe-bikeがラインナップされています。軽量なバッテリーを搭載することでスポーツバイクの爽快感を維持し、電動アシストによる軽快な走りを実現しています。

「ヤマハ」

BESV

独特なフレーム形状で人気を博しているのが台湾メーカーの「BESV」です。タイプとしてはミニベロっぽい形になっており、シートステーを排した独自のサスペンション構造が快適なライディングを実現しています。

「BESV」

TREK

世界最大級の自転車メーカー「Trek」もe-bikeをラインナップしています。マウンテンバイクに近いタイプのe-bikeを多数ラインナップしており、価格ごとのバリエーションもあります。
莫大な研究費を注ぎ込むことによって洗練されたデザインと突出した技術力を製品に注入しています。スムーズな走りと使い勝手のいい設計が魅力的です。

「TREK」

スペシャライズド

人気ロードバイクメーカーの「スペシャライズド」も待望となる国内向けのe-bikeを発表しました。マウンテンバイクとロードバイクの2種類がラインナップされており、バッテリーなどをフレームの内部に収納することによって驚異的な軽さを実現しています。
通常のロードバイクと比べても遜色ない軽量性はこれまでのe-bikeのイメージを覆すでしょう。2020年春頃から発売が開始されるそうです。

「スペシャライズド」

まとめ

サイクリングで爽快に走りたいけど体力に自信がないという人はe-bikeを選んでみましょう。気軽に長距離を楽々と走れるe-bikeでサイクリングの魅力を体感してみてください。

コラム一覧