コラム

レースやイベントに最適!ロードバイクの宅配便で長距離移動を楽チンにしよう!

レースやイベント、さらには全国各地のサイクリングスポットに出かける方も多いでしょう。しかし、新幹線や在来線、飛行機などにロードバイクを輪行して移動するのは大変ですよね。

ちょっとした電車移動ならまだしも、地元から離れた場所へ行くと移動だけで疲れてしまいます。

そんなときにおすすめなのが「ロードバイクの宅配便」です。

ロードバイクを宅配で現地まで送れるので、持ち歩く労力を無くせます。

今回はロードバイクの宅配サービスについて詳しくまとめていきます。

ロードバイクの宅配を利用するメリット

イメージ

通常だとロードバイクを解体して、輪行袋に収納し公共交通機関に乗って運ぶのが一般的ですよね。

ロードバイクの宅配サービスを使えば、目的地まで宅配便でロードバイクを輸送してくれます。このサービスを利用することでどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

解体/組み立て、持ち運ぶ労力が無くなる

輪行のたびにロードバイクを解体して、持ち運んで、現地で組み立てるのは何かと大変ですよね。

ちょっとした電車移動でサイクリングに出かけるなら、そこまでの負担になりませんが、地元から離れた場所への移動だと駅の中を歩くだけでも大変です。

特にレースやイベントなどの参加で全国各地に行く場合、できるだけ体力は温存しておきたいですよね。ロードバイクの宅配サービスを利用すれば、持ち運びの労力を節約でき、良い状態で本番に臨めます。

ロードバイクを安全に輸送できる

輪行をするときに心配なのが、ロードバイクをあちこちにぶつけてパーツなどが破損することです。
ロードバイクを保護できる専用のケースもありますが、その分高価なので一般的には輪行袋が使われますが、何かとデリケートになってしまいます。

持ち運びの際は最新の注意を払うものの、電車の中で他の乗客の足がぶつかったり、電車の揺れでロードバイクが倒れたり、不安はつきません。

宅配サービスを利用すれば、プロの輸送業者にロードバイクを預けられるので安全に運んでもらえます。

特に高価なロードバイクに乗っている人ほど、大切な愛車を安全に運ぶためにも宅配サービスがおすすめです。

ロードバイクの宅配サービスを行っている業者は?

イメージ

ロードバイクの宅配サービスを行っている業者を紹介していきます。
レースやイベントなどで全国各地に行って走る人は宅配サービスの選択肢を把握しておきましょう。

シクロエクスプレス

「シクロエクスプレス」は、サイクリストのために生まれた自転車専門の宅配サービスです。

公式サイトから申し込みを行うと配送キットが自宅に発送されます。
梱包したロードバイクは集荷され、現地の配達先に届けられます。

配送キットは3,400円で配送料は行き先によって設定されています。
関西から関東までであれば5,000円の配送料で運べます。

シクロエクスプレス

西濃運輸 カンガルー自転車イベント便/輸送便

西濃運輸が実施している自転車宅配サービスでは、通常の宅配便サービスに加えて、イベント会場に直接ロードバイクを届けてくれるサービスも実施しています。

サイクリングイベントやレースと連携して、現地まで直接ロードバイクを運び、イベント会場で受け取ることができます。

配送キットは3,000円?25,220円の間で3種類用意されていおり、関西から関東までの配送料は7,280円になっています。

西濃運輸 カンガルー自転車イベント便/輸送便

ヤマト運輸 サイクリングヤマト便

こちらのサービスは自転車保険の「CJ+」の加入者が利用できる会員サービスです。お得な会員価格で自転車を輸送できます。

関西から関東までの配送料金は3,759円という低料金が魅力で、同時に自転車保険にも加入できるので一石二鳥ですね。

サイクリングヤマト便

佐川急便 飛脚ラージサイズ宅配便

こちらは自転車宅配専門ではなく、佐川急便が実施している大きな荷物を運ぶための宅配サービスとなっています。3辺の合計が160~260cm、重量50kg以内の荷物に対応しており、佐川急便の営業所を通じて発送します。

また、自転車などの不定形品については運賃が通常の2割増に設定されており、3辺170cmで関西から関東まで配送した場合の料金は3,762円となります。

配送料は安く抑えられますが、自転車専門ではないだけに利用が難しい部分もあるかもしれません。

まとめ

レースやイベントなどで全国各地に移動される方はロードバイクの宅配サービスをぜひ利用してみてください。プロの配送業者にロードバイクを預けて、移動を楽チンにしてみましょう。

コラム一覧