コラム

初めて購入するロードバイクのおすすめは?

「ちょっと運動してみようかな」「健康のために体を動かそうかな」と思っている人にロードバイクはぴったりです。体への負担も少なく、効果的にカロリーを消費することができるので、ダイエットや健康維持にも最適。
これからロードバイクを購入しようと思っている人もいるのではないでしょうか。

初めてロードバイクを買うのに悩むのが「いったいどの値段のロードバイクを買えばいいのか?」ということです。ロードバイクにもさまざまで価格も上から下までたくさんの種類があります。

今回は初めて購入するロードバイクのおすすめを紹介していきます。

初めて買うロードバイクの価格は?

一番悩むのがロードバイクの「価格」。ロードバイクはエントリーグレードのものでも10万円程度するのが普通で、ママチャリなどと比べても高価な自転車です。
さらに、ここから20万円、30万円、50万円?、と性能が上がっていくにつれて価格も上昇していきます。
一番最初に購入するロードバイクに適した価格帯はどれぐらいなのでしょうか?

これについては色々な考え方があります。

例えば、初めて買うのであれば、続けられるかどうかもわからないし、ロードバイクに慣れるという意味で「10万円未満」のものでも良い、という意見もありますし、後々より高価なロードバイクが欲しくなるなら最初から「30万円」ぐらいのを買っても良いという考え方もあります。

様々な意見がありますが、一般的に初めて購入するロードバイクの価格帯としては「10万円?20万円」です。もちろん10万円未満でも充分なスペックを持っているロードバイクもありますが、性能と価格のバランスが良く、これぐらいの価格帯であれば選べるメーカーの選択肢も広がります。

パーツの種類やグレードをチェック

予算を決めたら自転車ショップにいって、並べられているロードバイクを色々と見ていきましょう。その際にチェックすべきは「パーツの種類やグレード」です。特に「フレーム素材」と「コンポのグレード」は最低限見ておきましょう。

フレームには「カーボン」「アルミ」「クロモリ」の3種類の素材があります。初心者向けのロードバイクには「アルミ」が使われることがほとんどですが、まれに10万円代でカーボンフレームを使っているロードバイクもあります。

コンポーネントはブレーキやギアなどロードバイクの駆動部分を支えるパーツの総称です。日本のロードバイクには日本メーカーの「SHIMANO」のパーツが使われていることが多いですが、このSHIMANOのコンポーネントのグレードを確認してみましょう。

下から
Claris(クラリス)→SORA(ソラ)→Tiagra(ティアグラ)→105→Ultegra(アルテグラ)→DURA-ACE(デュラエース)
となります。

10万円~20万円のロードバイクであれば、「Claris」「SORA」「Tiagra」が使われていることが多いです。この価格帯で「105」が使われていればかなりお得といえるでしょう。

初めて買うのにおすすめのロードバイク

COLNAGO A2-r

COLNAGO A2-r

フレーム:アルミ
コンポ:Tiagra or 105
重量:8.6kg
価格:139,000円(Tiagra)
   169,000円(105)
公式サイト:https://www.colnago.co.jp/2020/product/a2-r.html

イタリアの人気ブランド「COLNAGO」の最新アルミロードバイクです。コンポーネントには、Tiagra、105の2つから選ぶことができ、どちらも10万円代となっています。
フロントフォークはカーボン製で振動吸収性に優れるとともに、アルミフレームのキビキビとした走りが持ち味です。クールなデザインも魅力的。

GIOS AIRONE

GIOS AIRONE

フレーム:クロモリ
コンポ:Tiagra
重量:9.8kg
価格:128,000円
公式サイト:http://www.job-cycles.com/gios/collection/detail/roadbikeseries/airone/index.html

クロモリ特有の細身フレームがかっこいい「GIOS」のエントリーロードバイクです。クロモリ特有のしなりのある乗り心地とカーボン製のフォークが快適な乗り心地を提供してくれます。
サイクリングにも街乗りにもおすすめの1台です。

FELT VR40

FELT VR40

フレーム:アルミ
コンポ:Tiagra
重量:NA
価格:158,000円
公式サイト:https://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/bikes/vr_40_7091/

ドイツのブランド「FELT」は質実剛健なロードバイクを多数ラインナップしています。こちらのモデルはエンデュランス向けに設計されており、無理のない体勢で快適な乗り心地を提供してくれます。初めてでも乗りやすいですし、この価格帯には珍しいディスクブレーキを採用しています。

まとめ

ロードバイクを初めて買うときに決め手となる要素はたくさんありますが、まずは自転車ショップで実物を見ないことには始まりません。やっぱりスペックや価格以上に見た目で一目惚れするということもありますし、気になる方は気軽にお店に足を運んでみてください。

コラム一覧