コラム

7/6開幕!第106回ツール・ド・フランスの注目ポイントをおさらい

ついにこの時期がやってきました。毎年7月自転車ファンが1年で最もワクワクするシーズンです。今年も世界最大の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」が開催されます。

今年で106回目となる今大会は、誰がマイヨ・ジョーヌの栄光に輝くのか目が離せませんね。今回は7/6に開幕する第106回ツール・ド・フランスの注目ポイントをおさらいしていきます。

第106回ツール・ド・フランスの基本情報

ツール・ド・フランスは今年で106回目を迎えますが、今年でなんと総合優勝の証「マイヨ・ジョーヌ」が誕生して100周年を迎えます。

そして、今年はツール・ド・フランス総合優勝歴代最多5回の実績を持つ伝説の自転車ロードレーサー「エディ・メルクス」が初めてマイヨ・ジョーヌを手にした1969年から50周年の記念大会でもあります。

それもあり、今年のスタート地点はベルギーの「ブリュッセル」となっており、第1ステージはエディ・メルクス所縁の地を通るコースが設定されています。

第106回ツール・ド・フランスは、ベルギーのブリュッセルをスタートし、その後フランスへと渡り、東側を通りながら中央山塊へと向かっていきます。そして、フィレネー、アルプスと山岳決戦が続いていきます。
今年はフランス全土を「Z」を描くように進んでいきます。

全21ステージ、総走行距離3460kmの壮大な戦いが繰り広げられます。
例年に比べタイムトライアルの距離が短く、山岳ステージの比重が増した今大会。クライマー向きと評される中で、誰が優勝に輝くのか注目です。


「ツール・ド・フランス公式サイト」
https://www.letour.fr/en


「ツール・ド・フランス公式Twitter」



「JSPORTサイクルロードレース」
https://www.jsports.co.jp/cycle/tour/?utm_source=site&utm_campaign=letour.fr_%2Fcycle%2Ftour%2F_redirect_080707


「JSPORTサイクルロードレース」

第106回ツール・ド・フランスの参加チーム

第106回ツール・ド・フランスには、全22チーム総勢176名が参戦します。
ワールドツアーチームが18、プロコンチネンタルチームが4という内訳になっています。

ワールドツアーチーム

  • チームイネオス
  • モヴィスターチーム
  • UAEチームエミレーツ
  • チーム カチューシャ アルペシン
  • ボーラ ハンスグローエ
  • アスタナ プロチーム
  • トレック セガフレード
  • ドゥクーニンク クイックステップ
  • チーム ユンボ ヴィスマ
  • チーム サンウェブ
  • チーム ディメンションデータ
  • AG2R
  • EFエデュケーションファースト
  • バーレーン・メリダ
  • ミッチェルトン スコット
  • ロット スーダル
  • グルパマ エフデジ
  • CCCチーム

プロコンチネンタルチーム

  • ワンティ ゴベール
  • コフィディス
  • チーム アルケア サムシック
  • トタルディレクトエネルジー

第106回ツール・ド・フランスの注目選手は?

ツール・ド・フランスの注目選手を紹介していきます。
今年はどのような面々が激しい戦いを繰り広げるのでしょうか。

マイヨ・ジョーヌ

総合優勝の証「マイヨ・ジョーヌ」を争うことが予想されるのは以下のメンバーです。
【チームイネオス】:フルームが怪我で離脱もチーム力は健在
  • ・ゲラント・トーマス:前年覇者、背番号1を着用してのチャレンジ。フルーム不在で優勝候補筆頭に!
  • ・エガン・ベルナル:コロンビアの若手成長株、直前のツール・ド・スイスでは総合優勝の活躍!山岳ステージでの活躍に期待
【モヴィスターチーム】:トリプルエース体制復活がどうなるか?
  • ・ナイロ・キンタナ:近年思うような結果が出ていないが山岳での強さは大会随一
  • ・アレハンドロ・バルベルデ:アルカンシェルを着用しての参戦、ベテランの強みを生かす
  • ・ミケル・ランダ:ジロ4位、チームメイトのカラパスにマリア・ローザを譲るもコンディション次第では、今大会のエースかも?
【UAEチームエミレーツ】
  • ・ダニエル・マーティン:パンチ力のある総合系ライダー、今年は上位入りなるか?
  • ・ファビオ・アル:病気の治療からついに復活。優勝戦線に食い込むコンディションではないが注目
【チーム カチューシャ・アルペシン】
  • ・イルヌール・ザカリン:ロシアの総合系ライダー。上りでの強さが際立つ
【アスタナ・プロチーム】:今期破竹の勢いで勝利を量産!
  • ・ヤコブ・フグルサング:クリテリウム・デュ・ドーフィネを制した伏兵。もしかしたらマイヨ・ジョーヌもあるかも?
【トレック・セガフレード】
  • ・リッチー・ポート:万年優勝候補返上なるか?今年こそ優勝争いを!
【チームユンボ・ヴィスマ】
  • ・ステファン・クライスヴァイク:ジロでのログリッチェの無念を晴らせるか?
【AG2R】
  • ・ロメン・バルデ:フランスの期待を一心に背負うライダー
【EFエデュケーションファースト】
  • ・リゴベルト・ウラン:総合2位の経験もある実力派。ハマれば強い!
【バーレーン・メリダ】
  • ・ヴィンチェンツォ・ニバリ:ジロ2位の活躍。コンディションはどうか?
【ミッチェルトン・スコット】
  • ・アダム・イェーツ:近年サイモンの影に隠れがちだが、ここで活躍を見せるか?
【グルパマ・エフデジ】
  • ・ティボー・ピノ:フランス期待の未完の大器。3年ぶりのツール出場でどのような成長を見せるか
【チーム アルケア・サムシック】
  • ・ワレン・バルギル:フランス三羽烏の一人。山岳賞を獲った走りが戻れば面白い存在。

マイヨ・ヴェール

キング・オブ・スプリンターの証「マイヨ・ヴェール」。ステージ優勝争いも注目なスプリンターたちを紹介していきます。

【ボーラ ハンスグローエ】
  • ペーター・サガン:自身7度目のマイヨ・ヴェールを狙う。リック・ツァベルの持つ最多マイヨ・ヴェール記録更新なるか。
【ドゥクーニンク クイックステップ】
  • ・エリア・ヴィヴィアーニ:クイックステップで勝利を量産するスプリンター。ジロの悔しさを晴らせるか。
【チーム ユンボヴィスマ】
  • ・ティラン・フルーネウェーヘン:ここ2,3年で力をつけてきた本格派スプリンター。パワーならNo1か。
【ロット スーダル】
  • ・カレブ・ユアン:ジロ2勝と勢いに乗る若手スプリンター。ポケットロケット炸裂なるか。
【チーム アルケア・サムシック】
  • アンドレ・グライペル:ベテランスプリンターがプロコンチームで参戦。往年の走りを見せられるか。

まとめ

第106回ツール・ド・フランスの注目ポイントをまとめていきました。優勝候補筆頭だったクリス・フルームが直前のレースで負傷し、ツール欠場となるトラブルもありましたが、それにより優勝争いがより混沌となる様相を呈しています。 100人目のマイヨ・ジョーヌに輝くのは誰なのか。そして、今年はどのようなドラマが起きるのか注目です。

コラム一覧