コラム

ロードバイクを買うときに最低限購入しなければいけないものは?

ロードバイクを初めて購入するときには、完成車以外にも、さまざまなアイテムを揃えなければなりません。完成車だけ買えばいい、というわけではなく、安全上や法律上、はたまた利便性の面からも購入しなければなれない物があります。 しかし、何を買えばいいのか?というのは、よくわかりませんよね。 今回はロードバイクに関連するアイテムを重要度別に分けて紹介していきます。 初めてロードバイクを購入される人は、マストで買うべきものを覚えてください。

最重要!必ず買うべきアイテム

ロードバイクに乗る男性

ロードバイクは完成車以外にも、必ず買っておくべきアイテムがあります。 これらのアイテムを揃えておかないと、いろいろとまずいのでロードバイク購入前にリストアップしておきましょう。

ヘルメット

ヘルメットは転倒時などに大事な頭を守るために必要となります。 特に、ロードバイクの場合、スピードも出ますし、車道を走ることにもなるため、ママチャリよりも怪我のリスクが高まります。 ヘルメットを着けずに走って、転倒し、頭を強く打つと命にも関わります。 ロードバイクに乗るのであれば、必ず被っておかなければなりません。 また、ヘルメットを購入するときには、目安として最低でも10,000円ぐらいはするものを購入してください。頭を守るものなので、質の悪い安物は購入すべきではありません。 信頼できるメーカーの、安全基準などを満たした商品を選んでください。

ライト

ライトは、夜間やトンネルなどの暗い道で自分が走っている道を照らすのに加えて、周囲の車などに自分の存在を知らせるという用途があります。 ライトの点灯は、法律によって義務付けられていることでもあり、「フロント」「リア」併せて購入しておきましょう。 また、ライトを購入するときは、しっかり周囲を照らしてくれる明るいものだとより安全に走れます。

ベル

ベルはロードバイクに乗る上で使うことはほぼありませんが、法律上取り付け義務があるので、買わなければなりません。これに関してはなんでもいいと思います。 ロードバイクの見た目を損なわない小さいベルを購入しましょう。

空気入れ

ロードバイクはタイヤの空気圧が他の自転車よりもシビアです。空気圧が適正の値よりも高くても低くてもパンクなどのリスクを高めてしまいます。 また、ロードバイクは乗っていないときでも空気が抜けていくものなので、乗る前に必ず空気を入れ直す必要があります。 その上で、空気入れ(フロアポンプ)を購入しておきましょう。できれば、空気圧メーターが付いているものだと便利です。

ロードバイクは他の自転車よりも高価な部類に入るため、盗難のリスクが高まります。鍵を着けずに駐輪すると盗まれる可能性が高いですし、鍵を着けていても盗られることがあります。 なので、普通の自転車よりも防犯意識高めで丈夫な鍵を購入しておきましょう。

重要!必要に応じて購入するアイテム

ロードバイクを購入する上で、必ず購入しなければならないのが、上の5つのアイテムです。
ただ、それ以外にもロードバイクに関連するアイテムはあります。ここでは、必ずとは言わないまでも、重要度が高く、必要に応じて購入しておきたいものを紹介します。

パンク修理道具

ロードバイクのパンク修理は慣れれば自分でできるようになります。サイクリング中にパンクする可能性を考えれば、早めに覚えておきたい作業でもあります。 パンクを修理するためには、「タイヤレバー」や「替えのチューブ」「携帯ポンプ/CO2ボンベ」などが必要です。 出先でパンクして走れなくなると結構大変なので、できれば揃えておきたいアイテムです。

べダル

ロードバイクの完成車の中には、ペダルが付属していないものがあります。なので、そういった場合、べダルを別途購入する必要があります。そういった意味では、マストで購入しなければならないアイテムともいえます。

サイクルウェア

ロードバイクに乗り始めて、最初に生じる悩みとして「お尻が痛い」というのがあります。乗り方やポジションにも原因はあるのですが、お尻の部分にパッドが入ったサイクルパンツを購入することで痛みを緩和できます。 また、サイクルウェアは体に密着するようなデザインになっており、空気抵抗を減らすという効果もあります。

まとめ

AXIS取り扱い商品

ロードバイクを購入する際に、必ず購入すべきものを紹介していきました。マストで購入するものを合計すると、だいたい完成車の値段+30,000円ぐらいを用意しておけば十分購入できます。 また、それ以外にもロードバイクに関連したアイテムはたくさんあるので、乗っていくうちに必要性を感じたら購入するという形でいいでしょう。

コラム一覧