コラム

チーム・スカイ→チーム・イネオスへ!新チーム始動

自転車ロードレース界随一のビックチームで、2010年代圧倒的なリザルトを収めてきたチーム・スカイ。昨年スポンサー撤退という衝撃的なニュースが駆け巡り、その後、新スポンサーが決定。
「チーム・イネオス」として再出発することになりました。2019年5月1日から正式に始動となったチーム・イネオス。
今回はそんなチーム・イネオスの始動から現在までの情報をまとめていきます。

「ツール・ド・ロマンディ」では、暫定ジャージが使用される

「チーム・イネオス」の正式デビューとしては、5月2日から本拠地のイギリスのヨークシャー地方で開催される「ツール・ド・ヨークシャー」となっていました。
ただ、ワールドレースの日程上、その前の4月30日から6日間のステージレース「ツール・ド・ロマンディ」も開催されていました。

「チーム・イネオス」としては、母国イギリスで華々しくスタートするはずだったのですが、中途半端な日程のため、日程的なチーム・イネオス始動は「ツール・ド・ロマンディ」からとなりました。

そこで、チーム・イネオスはツール・ド・ロマンディ用の暫定ジャージを発表。このレース限りの使用とし、新ジャージについては、ツール・ド・ヨークシャーでお披露目となりました。

暫定ジャージ

ツール・ド・ロマンディ出場メンバー

・ケニー・エリッソンデ
・ガナ・フィリッポ
・ワシル・キリエンカ
・ディエゴ・ローザ
・ベン・スウィフト
・ゲラント・トーマス
・ダイラン・ヴァン・バールレ

リザルト

ゲラント・トーマス総合3位

新チーム始動

5月1日チーム・イネオス公式Twitterアカウントから、新チーム始動の動画が投稿されました。ツイートには、「違う名前の同じチーム」とあり、あくまでスポンサーが変わっただけで、チームの中身はそのままであることを強調しています。

5月1日チーム始動

また、同日のツイートでは、「新ジャージ」「新バイク」「新ボトル」の3つが発表され、新たなチームの姿が明らかになりました。
チーム・イネオスの新しいジャージは、これまでの「青と黒」「青と白」を基調としたデザインから、「赤と黒」のデザインとなり、新たなチームカラーとんっています。
それに合わせて、チームが使っていたピナレロ・ドグマのデザインも刷新されています。

新ジャージ

新バイク

ニューボトル

新チームお披露目「ツール・ド・ヨークシャー」

イギリス北部のヨークシャー地方で5月2日から開催される4日間のステージレース「ツール・ド・ヨークシャー」。チーム・イネオスの母国でもあるイギリスのレースで正式に新チームデビューとなりました。

こちらのレースでは、チームの大エース・クリス・フルームも出場し、大きな注目を集めました。
レースの結果は、チーム・イネオスのクリストファー・ローレスが総合優勝を果たし、新チーム始動を盛大に彩りました。

ツール・ド・ヨークシャー

ジロ・デ・イタリアでも活躍が期待されます

新チーム始動を華々しく飾ったチーム・イネオス。新しい見た目もすっかり慣れてもきましたが、今後本格的なグランツールシーズンとなり、チーム・イネオスの活躍が期待されます。

5月に行われているジロ・デ・イタリアでは、残念ながら、エースとして出場予定だったベルナルが欠場となりましたが、若手の総合エース・ゲオゲガンハートなどが出場しています。

チーム名は変わったものの、中身は同じということで、クリス・フルーム、ゲラント・トーマス、クウィアトコウスキーなど強力な布陣であることに変わりありません。

新チーム1年目でグランツールの総合優勝者が誕生するのか注目です。

チームのエースの反応は?

最後に、新チームとなったチーム・イネオスのエース、クリス・フルームとゲラント・トーマスがどのような反応をしたのかみていきます。

フルームは4月26日に自身のチームスカイとしての最後のレースに出場し、ツイートを投稿しています。

そして、5月1日の新チーム始動に合わせて、新しいジャージ姿の画像を投稿

チームのキャプテンとして、真面目な広報活動を展開しました。

一方、ゲラント・トーマスは4月29日にチームスカイに対するお別れを伝えるツイートを投稿

5月1日には、チームの公式ツイートを引用リツイートし、絵文字3つで喜びを表現

その後は、いつも通り、サッカーの話や冗談ツイートに戻りました。なんともフランクなトーマスらしい反応ですね。

コラム一覧